宅配水の市場規模の推移とは

宅配水の市場規模は、どんどん拡大してきており、これからもさらに拡大の一途を辿るであろうと予想されています。
これまでも1980年代あたりから、ミネラルウォーターの需要が徐々に増え始めて、今では飲料水として普通の水道水を飲んでいる、という方のほうが少ないくらいの時代になっています。
またその当時は年間の消費量は約8万キロリットルと言われていましたが、2008年にはその約30倍にもおよぶ年間250万キロリットルの消費量へと拡大し、市場規模も1900億円にまで上り詰めました。
それにしたがって、毎回ペットボトルでミネラルウォーターを購入してくる労力を考えると、ウォーターサーバーを設置して宅配水で、と考える方が増えてきたのです。
これからも家庭にウォーターサーバーを設置する方は増えていくことでしょう。
アルピナウォーターに苦情?口コミ悪い?【私のサーバーお試し体験談】