住宅ローンのつなぎ融資でおすすめは?

住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。
住宅ローンの金利をわけると固定金利と変動金利があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行の方に、おすすめですよ。
などと言われる事はありません。
一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。
また、固定金利・変動金利、どちらを選ぶかによって審査が変わってくる。
と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。
どちらの金利にしたら良いかわからない時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。
住宅を建てるためには、いくつかローンがありますが、中でもつなぎ融資という借入れ方法をご存知ですか。
これは、新しい家を建てるために必要な経費が不足している場合、間に合わせるために、利用する単発的なローンです。
原則として、住宅の完成からローンが始まるようになっているので建てている間は、こういった借入れも視野に入れてもいいですね。
同じ返済総額、しかも同じ金利差で住宅ローン借り換えを行うのであれば、控除を受けられるかどうかで価値が2倍も変わってきます。
十分に注意しましょう。
ローン申請は、銀行等で受け付けています。
申し込みの際には、様々な資料が必要になります。
やっぱり、長い期間と大量の現金を貸し出すのですから銀行側は年収・勤続年数を中心に審査をします。
という訳で、申請をすれば必ず通る。
といった様な簡単なものではありません。
不合格になってしまう人もたくさんです。
ありがちな基準は、勤続年数3年以上・年収は300万以上が一つのラインと言われています。